正式に決まるまでは|愛する赤ちゃんの名前を姓名判断で決めてみましょう
指を指している女性

正式に決まるまでは

ご飯を食べている女性

最近はよく「胎児ネーム」を付ける人がますます上昇している傾向にあります。これは妊娠中の人が赤ちゃんに名付ける名前で、一昔前ではそこまで浸透もしていませんでした。しかし胎児ネームをつける良さを理解してきた人が多くなってきたので、今では当たり前のようにつけるようになったわけです。

ただ初めて妊娠する人だとそんな常識なんてまだ知らなかった人も多いでしょう。
だから今回は胎児ネームを付ける具体的な理由やメリットに関する話をしておきたいと思います。

まず胎児ネームというのはいわゆる正式な赤ちゃんの名前とはまったく異なります。赤ちゃんに付けるニックネーム的な感覚で思ってもらえればわかりやすいでしょう。
たとえば「ぽんた」とか「とんちゃん」といった簡単な呼び名です。

では胎児ネームをつけることで何が変わるのか?もちろん明確に赤ちゃんの状態が変化するとかそういう意味はありませんが、まず赤ちゃんの存在を具体的にイメージできるようになります。つまりこれからこの子の親になるんだなぁという自覚がいっそう強く芽生えるようになるわけです。そしてそれは当然妊婦さんであるあなた本人だけのことではありません。あなたのパートナーである旦那さんにも同時に同じように親としての自覚を持ってもらうことができます。自分だけではなくパートナーにもそう思ってもらうことにより、ますます互いの関係性は良くなり赤ちゃんが生まれることをきっと心待ちにできるのでおすすめです。名前が付いているかどうかだけで全然赤ちゃんに対する感覚が変わるので、さっそく妊娠しているなら付けてあげましょう。